体外受精の確率について

体外受精の確率【体外授精】010

HOME

不妊治療のひとつとして体外受精を行う際に、


不妊治療のひとつとして体外受精を行う際に、覚悟しておきたいこと

赤ちゃんの誕生を望んでいるのにもかかわらず、その思いとは裏腹に、なかなか妊娠できないカップルの数は決して少なくありません。


今までのように生活していても、赤ちゃんを授かることはできないと思った人たちが特別な活動をすることを「妊活」と呼んでいます。

最近ではこういった言葉が使われるようになるほど、赤ちゃんを授かりたいと思っているものの、自然妊娠ではその願いが叶わないカップルが増えているのです。


金銭的にも、また精神的にも、負担の大きな不妊治療を早い段階から始めるカップルはごく少数に過ぎません。

ほとんどのカップルの場合は、このままでは自然妊娠の可能性が低いということを実感した上で、こうした治療を始めるため、年齢もある程度高いカップルが多数を占めているのが現状です。


不妊治療のうちのひとつの選択肢が体外受精ですが、その成功には卵子や精子の状態も大きくかかわっています。


卵子や精子のコンディションは個人差が大きいため、一概に年齢だけで、その状態を判断することはできません。

詳しい状況については、特別な検査を行わなければ判断することはできません。

ただ年齢が高くなるほど、一般的にはコンディションは悪くなります。

年齢が若いほどコンディションが良く、だんだんとその状態は低下していくことだけは間違いありません。


体外受精をする際には、卵子や精子のコンディションが悪いと、受精できる可能性が著しく低くなります。

そのため何度やってみても、妊娠できないという状況に陥ってしまいます。


最近は晩婚化が進んでいるため、30代になってからの結婚・出産も珍しくなくなりました。


そのため自然妊娠を諦めて不妊治療を始める段階で、すでに年齢が高くなっていることがほとんどです。

すでにコンディションが悪くなりつつある段階で不妊治療を始めるため、治療を行ったとしても、成果が出ないことも決して少なくありません。


そのため体外受精を何度か行ううちに、その成功率が低いことを理由に、今後も治療を継続するかどうか、担当医師から判断を迫られることもあります。


もちろん不妊治療が功を奏し、体外受精で赤ちゃんを授かっている例はたくさんありますが、その陰には治療の甲斐なく、諦めたカップルも多数いることをわかっておく必要があるでしょう。


たとえ体外受精という方法を持ってしても、卵子や精子の状態によっては、妊娠という結果を出すことができない可能性があるということは、不妊のための治療を始める時点で、認識しておくことが大切だといえるでしょう。




体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、

メニュー